看護師

医療のあれこれ

病棟

増えている世田谷区の在宅医療では家族の協力性が必要です。やはり自宅まで医師の方は当然ですが看護師や薬剤師などの方が訪問することとなります。患者を1人にはできませんので家族の方も一緒に待機することとなります。

詳細を確認する

心臓病の治療

女性

循環器科は心臓病の治療を専門に行っている診療科目である。高血圧症や高脂血症などの生活習慣病を治療することができ、肥満の人に対しては、メタボリックシンドロームの治療や予防も行っている。循環器科の病院では、24時間心電図や心臓の超音波検査を受けることが可能である。

詳細を確認する

早期発見がしにくい

ジャンプしてる女性

すい臓がんは大腸がんや胃がんほど多くはありませんが、早期発見がしにくいため致死率の高いがんとなっています。しかしながら最近血液検査ですい臓がんを発見する方法が開発され、臨床実験の段階になっていますので、近いうちに健康診断での早期発見に繋がることが期待されています。

詳細を確認する

心疾患を予防する検査

看護師

危険因子の早期発見

一般的な健康診断では行われない心疾患の検査でも、心臓ドックを受けることで詳しく調べてもらう事ができます。心疾患を発症する可能性は年齢と共に上昇するため、心臓ドックを受けて危険因子を早期発見する事が重要です。とりわけ、動脈硬化などは重篤な心臓疾患を誘発する要因とされ、最新の医療機器を用いて複数の検査を実施してもらう必要があります。心臓ドックではエコー検査でも複数の種類が行われ、場合によっては二十四時間体制で心臓の活動状況を調べてもらう事もできます。そのため、心臓ドックは中高年者からの需要の高い検査となっているのが特徴です。とくに、何らかの疾患を患っている場合、心臓への負担が大きくなっているケースもある為、定期的に心臓ドックを受け心臓の状態を確認しておく事が求められます。

心臓の検査の項目

心臓ドックには数多くの検査項目があり、それぞれの検査で把握できる心疾患が異なります。そのため、発症率の高い心臓の疾患の検査を受ける事が基本となりますが、その他にも生活習慣で不安になっている点や、家系的に心配になる心疾患など、個々で心当たりのある疾患について検査を受けてみる事が大切です。また、心臓ドックは定期的に受けることが必要ですが、その頻度は初回に受けた検査が大きく影響します。これは初回の検査で何らかの危険因子が発見された場合には、毎年心臓ドックを受ける事が推奨される為です。また、初回の検査で問題が無かった場合でも、二年に一度は専門的な検査を受ける事が理想とされ、重篤な心臓疾患を回避するためには重要なポイントとなります。